脱毛ラボの家庭用脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」の効果をレポ

脱毛ラボの家庭用脱毛器!「脱毛ラボホームエディション」の効果をレポ

 

脱毛エステでおなじみの人気サロン『脱毛ラボ』から、なんとサロン級の照射パワーをもった家庭用脱毛器が2/4に新発売されました。(これは気になる!)

 

サロンの脱毛は全身脱毛にかかる費用が数十万と高額&予約が取りにくいのがネック。家庭用脱毛器は各種メーカーから発売されているのですが、やはり照射パワーが弱いので、サロンのような効果を感じにくいとい点も気になっていました。

 

でも、脱毛サロンから発売&業務レベルの照射パワーがある家庭用脱毛器となれば話は違う!ということで早速レポします。(先に言っておきます。家庭用脱毛器買うなら絶対おすすめです!)

 

\ 今だけ限定!シェーバーセットで販売中! /

 

脱毛ラボホームエディションの特徴

脱毛ラボから2/4に新発売された『脱毛ラボホームエディション』で一番注目したいのは、やはりサロンと同じパワーで照射ができることです。
脱毛ラボホームエディションは、波長570nm〜1200nmの出力が可能。従来の家庭用脱毛器よりも、はるかに脱毛効果が実感しやすくなっています。

 

開発に監修しているのは脱毛の専門家なので、家庭用脱毛器にサロン級の出力を搭載しても安全に照射できるのも魅力的です。
サロン級の出力でも、痛みをおさえるための冷却クーリング機能も搭載。照射したときに炎症を起こしても同時に冷やすこともできます。便利なハンディタイプで楽に照射できるのです。

 

脱毛ラボホームエディションの効果!実際に使ってみた

脱毛ラボホームエディション
ネットで注文したのですが、比較的届くのが早かったです!そして思っていたよりも軽い!?本体がコンパクトだからか、段ボールも小さめ♪

 

脱毛ラボホームエディション
付属品として入っていたのは

 

・ゴーグル
・ACアダプター
・本体
・取扱説明書

 

中に同封されているのは、いたってシンプルです。でも他の家庭用脱毛器にはない、ゴーグルが付属しています。それだけ出力が強いのでしょう!期待できそうです!ちなみに充電式ではなく、コンセントに指して照射する交流式です。

 

脱毛ラボホームエディション
・ゴーグル
私はサングラスかな?と思っていたのですが、形は水泳用のゴーグルと同じです。使っても使わなくてもいいのですがサロン級の照射パワーがあるので、それなりにまぶしさを感じるかも。

 

脱毛ラボホームエディション
写真で見たかんじでは「思ったより大きいのかも?」と思いましたがコンパクト!分厚さというか幅は太いですが、全体的にコンパクトなので問題なしです。使いやすそう♪

 

ボディはピンク!写真でみるよりもコンパクトで思ったよりも軽いです。液晶ではなく、本体に照射回数が表示されるタイプのディスプレイも個人的には好きです(笑)

 

裏面は照射の肌色目安でしょうか?照射可能部位がわかるように色が書かれています。ちなみに、脱毛ラボはドクターシーラボのグループ会社です。
ちなみにレベル1で照射すると、美肌ケアスキンケアもできます、スキンケアのプロフェッショナルが監修しているとなれば、効果にも期待できそう♪
30万回照射可能、全身脱毛で約300回利用できるので、家庭用脱毛器としてもかなり高スペックな機種だと思います。

 

脱毛ラボホームエディションの使い方

脱毛ラボホームエディションは、よくある家庭用脱毛器と同じです。

 

脱毛ラボホームエディション
事前準備として、ムダ毛をカミソリで除毛しておきましょう。コンセントをさしたあとサイドにあるパワーボタンを押せば、モニターに照射可能回数や、照射レベルが出ます。
あとは、照射したい部分に当てて、本体ついている丸いボタンを押すだけです。照射パワーは脱毛箇所や肌の状態に合わせて5段階のレベルを設定できます。

 

脱毛ラボホームエディション
業務用と同じ照射パワーなので「いきなりレベル5で照射するのはちょっと覚悟がいる!」とか「前サロンに行って痛みが嫌だった・・・」なんて人は、レベル2ぐらいから徐々にあげて調節すると照射しやすいです。
最短1秒間隔で自動的に連続照射ができるので、短時間で全身脱毛ができるのも魅力的ですね。

 

3回目の脱毛の効果と感想

私はもともと毛深い方なのですが、確実に効果を実感しています!多少生えてくるのでツルツルとまではいきませんが、相当キレイになります!
ワキに関しては、レベル5の照射でも、痛みを全く感じなくなりました。やはり、毛が太い部位はそれなりに痛みを感じますが「あ、なんか反応したな〜」程度です。冷却機能がかなり役に立っています!

 

1回目の照射でも感じる痛みは「輪ゴムをパチンとはじいた痛み」とはまた別物かな?と思います。痛みというか、何か刺激がくるという表現が適切かもしれません。
3回目だとムダ毛が完璧に生えなくなるとは言いにくいですが、確実に伸びるスピードは遅くなってます!思った以上の嬉しい効果です。

 

 

5回目の脱毛の効果と感想

もうほとんど生えてきません。毛が細い部分はもっと早い段階で生えてこなくなりました。痛みを感じていたワキは無痛に、ヒザ下エリアも刺激は感じるけど、なんとも思わないレベルまできました!

 

照射レベルを最初は2からスタートして3に引き上げていましたが、レベル5でも平気で耐えられます。明らかにムダ毛が伸びるスピードもスローペースに!
照射前にカミソリで除毛すれば良いくらいで、あとは本当に気にならないです。

 

ちなみに生えている毛をつかむと、力をいれずにするっと抜けます。多分生えてきても自然と抜け落ちている気がします(笑)

 

脱毛ラボホームエディションを使って分かったメリット・デメリット

脱毛ラボホームエディションを実際に使って私が感じた「メリット」と「デメリット」をご紹介します!

メリット

脱毛ラボホームエディションは他の脱毛器と比べてもメリットのとても多い脱毛器だと感じました。私が感じたのは6つのメリットです。

 

1. パワーが強く効果が高い
他の家庭用脱毛器よりも、やはり照射パワーが強い!その分脱毛効果を感じます。家庭用脱毛器でケアをしている友人がいて
「家庭用脱毛器じゃやっぱり時間かかるからサロン通った方がいいよ」と言ってたのですが、1回目からそれなりに効果を感じています!やっぱり照射パワー大事!(笑)

 

2. 他にはない冷却機能で痛みがほとんどない&クーリングが不要!
脱毛ラボホームエディションはコンセントにつないでパワーを入れると、本体の先端が冷たくなります。おかげで、痛みはほとんどかんじません!
照射前に本体が冷たくなり、冷やしながら照射するので痛みはないですし、照射後のクーリングもいりません。思っている以上にとっても便利です!

 

3. あと何発残ってるのか一目瞭然!
よく『最大30万発照射可能』と表示されている脱毛器があるのですが、これ実際本当に30万発打てるの?って思うことが多々あります。
でも、脱毛ラボホームエディションはちゃんと本体に残りのショット数が表示されるんです。「かなり細かく照射していたら知らない間にショット可能数が終わっていて、思うように脱毛できなかった!」という心配もなさそうです。

 

4. 敏感肌にも安心の5段階レベル調節
サロン級の照射パワーは嬉しいので・す・が!自分で照射するのは勇気がいる!(笑)
サロンのお姉さんにやってもらうから、なんとなく覚悟ができるけど「自分でボタンを押して照射するのはな〜」という人でも照射レベルを調節できるので安心です。

 

敏感肌さんのように肌がデリケートな方も、自分がどのくらいのレベルなら刺激を感じないのか?を見極められます。

 

5. 出しやすい・なおしやすい!コンパクトで便利
コンパクトですし、プラグが海外対応です。カミソリを持って旅行に行くよりも、これ1台持っていった方が絶対いいです(笑)ビキニラインの照射は特におすすめです!
脱毛ラボホームエディションは、照射直後でもかなり肌がつるっとします。カバンに入れて持ち歩くことはないと思いますが、持ち歩いてもいいくらいコンパクトです。

 

6. 脱毛サロンの脱毛器だから安心
やっぱりここですよね!家電メーカーでたくさん家庭用脱毛器は販売されていますが、安心度が全然違います。脱毛サロンが監修しているので、クオリティも期待できますしね!
ちなみに、脱毛ラボはドクターシーラボのグループ会社です。実際私も美肌モードを使っていますが、ツヤとキメが全然違います。サロンに通わなくてよかったと感じるくらい納得のケアできています。

 

デメリット

どんな商品にほデメリットはあるものです。脱毛ラボホームエディションにもやはりデメリットだと感じる点が3つありました。

 

1. 値段が少しお高い
やっぱり値段はネック!家庭用脱毛器の価格平均が4~5万円代なのですが、脱毛ラボホームエディションは64,980円!しかも税別!(笑)
税金を入れたら、軽く7万超えます。サロンで全身脱毛するよりもコストがかからないとはいえ、家電に7万と考えると「うーん・・・」と悩みますね。

 

2. カートリッジが交換できない
30万発あれば全身脱毛も十分できます。でも、30万発終わったら、脱毛ラボホームエディションは使えなくなってしまいます。
カートリッジ交換ができないので、照射回数が終われば本体ごとさようなら〜。30万発あれば全身脱毛ができるとはいえ、効果には個人差がありますよね。
「もうちょっと脱毛したかった!」とか「まだ脱毛終わってなかったのにー」という時に対応できないのは気になりますね。

 

3. 照射面積が小さめ
脱毛ラボホームエディションはの照射面積は、他の家庭用脱毛器よりも照射面積が狭いです。なので、背中とか足とか?割と範囲が広いエリアは細かく照射しないといけません。
それだったら照射範囲が広くて30万発いけるものでケアした方がコスパがいいのかな?とも思いました。

 

照射面積が広いから1回のショットで広範囲ケアできるけど、照射パワーが弱いか?
それとも照射面積が狭くて、ショット数が多くなりがちだけど、サロン級の照射パワーで効果をだすのか?うーん・・・これは好みによるのかなぁ。

 

 

 

脱毛ラボホームエディションのスペック

脱毛ラボホームエディションの機能やスペックは以下のとおりです。

本体の重さ 277g
ACアダプターの長さ 1.8m
消費電力 45W
ランニングコスト 0.3円(1日1回15分使った場合)
照射仕様 基本モード/連射モード
調節機能 照射レベル1~5

 

 

脱毛ラボホームエディションと他商品を比較してみました!

 

商品名 脱毛ラボホームエディション K社脱毛器 B社脱毛器
パワー
冷却機能 × ×
ディスプレイ
連射機能

 

照射パワーは業務用レベルと同じというのはやはり魅力的です。冷却機能が付いている家庭用脱毛器はそんなに多くないので、脱毛ラボホームエディションは他社と比べても、高スペックのようです。

 

脱毛ラボホームエディションQ&A

Q:照射できるエリアは?
A:顔・ワキ・ウデ・Vライン・足・手など全身使えます。ただし、照射できないエリアもあるので要注意!
【照射できないパーツ】
乳首・乳輪・へそ内部・Iライン・Oライン

 

Q:妊娠中や授乳中は照射できる?
A:妊娠中や授乳中の方は照射できません。

 

Q:しみやホクロがあるエリアでも照射できる?
A:しみやホクロをはじめ、そばかすなど濃い色素斑がある部分の照射ができません。テープや絆創膏を貼るなどして保護してください

 

1.8. 脱毛ラボホームエディションの販売会社情報
脱毛ラボホームエディションを販売している会社は以下のとおりです。

 

本体正式名称 脱毛ラボ ホームエディション
会社名 株式会社セドナエンターブライズ
住所 〒108-0075 東京都港区南2-16-1 品川イーストワンタワー16F
TEL 03-5769-2140
返品・交換について 1年間の無償交換対応あり。

 

公式サイトからの購入で限定シェーバーがついてくる!

脱毛ラボホームエディションは公式サイトか、家電量販店ではビックカメラで取扱いをしています。公式サイトで購入すると、特典としてシェイバーが無料でついてきます。
カミソリ負けしてしまう人には絶対おすすめです!シェイバーだけでも、結構な値段するので(笑)

 

\ いちばんお得に買おう! /

 

脱毛器のことをもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒みんなの脱毛器トップページ

 

おすすめの脱毛器をガチレポ!
⇒【ガチレポ】本格的な人気の家庭用脱毛器のおすすめとその効果