ホクロに脱毛器をあてるとどうなる?体験談と知っておくべきリスク・対処法

ホクロに脱毛器をあてるとどうなる?体験談と知っておくべきリスク・対処法

全身にホクロがたくさんある人は、家庭用脱毛器を使用しても大丈夫なのか心配になったことはありませんか?

 

ホクロは刺激しないほうがいいという噂もあるので、家庭用脱毛器をホクロにあてても害がないのかを調査してみました。
また、家庭用脱毛器のホクロへの対処法についてもまとめたいと思います♪

 

    この記事のポイント

  • ホクロへの光脱毛器・レーザー脱毛器の使用は控えた方か良い
  • 薄いホクロは消えることもあるが、濃いホクロは火傷のリスクあり!
  • ホクロのある部分への照射は保護シールを使うのが◎!

 

家庭用脱毛器はホクロに使用してもいい?

 

まずは、家庭用脱毛器をホクロがある部位に使用できるのかを調査した結果からお話します。
ずばり、家庭用脱毛器をホクロにあてるのは避けたほうが無難です。

 

「ホクロにあてても大丈夫」という噂がある脱毛器もあるようですが、安全性を考えたら使用しないほうがいいでしょう。

 

「今までホクロがある部位にも使用してしまっていた!」という人は、なぜ家庭用脱毛器をホクロにあてないほうがいいのかを知っておいてください。

 

家庭用脱毛器の仕組み

 

なぜ家庭用脱毛器をホクロがある部位に使用すると危険なのかというと、それは家庭用脱毛器の仕組みが関係しています。

 

家庭用脱毛器の中でも特に気をつけなければならないのは光脱毛器。
光脱毛器はメラニン色素(黒色)に反応するようになっているため、メラニン色素のかたまりであるホクロにあてるのは危険なのです!

 

家庭用脱毛器をホクロに使用するとどうなるのか?

 

光脱毛器をホクロにあてるのは危険なのですが、実は他の種類の脱毛器(レーザー脱毛器など)もホクロにあてるのは避けたほうがいいのです。
脱毛器をホクロにあてると、どんな危険性が潜んでいるのかというと…

 

・脱毛器の刺激でホクロがガン化する可能性がある
・光脱毛器の黒色に反応する仕組みによる肌の火傷
・ホクロに脱毛器をあてると激痛がする

 

脱毛器をホクロにあてると、以上のような思いもよらぬ恐ろしい結果になってしまう恐れが!

 

ホクロがガン化してしまう・肌が火傷するという事態は、肌をキレイ見せるための脱毛効果とは全く逆になってしまいます。

 

こんな恐ろしいことを知ると、今後はホクロに脱毛器をあてるのは絶対に避けようと思えますよね?

 

家庭用脱毛器でホクロ除去!?消えるって本当?

 

家庭用脱毛器をホクロにあてるのは危険ということとは裏腹に、家庭用脱毛器でホクロを除去できるという噂もあります。

 

これは事実なら脱毛と同時に不要なホクロまで除去できて一石二鳥なのですが、この噂は本当なのでしょうか?

 

気になって調査してみたところ、確かに美容外科ではレーザーでホクロやシミを消すという施術が行われているので、小さな薄いホクロなら脱毛器で消えてしまう可能性はあります。

 

これはあくまで色が薄くて小さなホクロにいえることであり、色が薄いために脱毛器が色に反応しないためにいえることなのです。
大きめの濃い色のホクロは、消えるどころか脱毛器が反応して火傷してしまう可能性が!

 

家庭用脱毛器はホクロを消すためのものではないため、例えば顔に火傷をしてしまったとしても全て自己責任になってしまいます。

 

もしホクロを消すために家庭用脱毛器を使うとしたら、このことはわきまえておいてくださいね。

 

家庭用脱毛器でホクロが増えるという噂は本当?

 

家庭用脱毛器でホクロを消せるという噂があると同時に、実は全く逆のホクロが増えてしまうという噂もあります。
これもまた気になる噂なので真相を追求してみました。

 

ホクロはメラニン色素のかたまりで、肌にメラニン色素が増えることでホクロができます。
メラニン色素が増える原因は、主に紫外線ダメージ・ホルモンバランスの乱れ・外部からの肌への刺激などが考えられています。

 

脱毛器は少なからず肌に刺激を与えるため、あてることでホクロが増えてしまう可能性は否定できません。

 

キレイになるために脱毛器を使ってホクロができてしまうのは嫌な話ですが、脱毛器を使用する限りこれは避けることはできないでしょう。

 

家庭用脱毛器をホクロに使用したら癌(がん)になるって本当?

 

家庭用脱毛器をホクロにあてると、ホクロがガン化する恐れがあるという噂は本当なのかについても詳しく調べていました。
これが事実なら本当に恐ろしいですからね!

 

結果、皮膚がんを発生させる最も大きな要因は紫外線であり、光脱毛器やレーザー脱毛器から発せられる赤外線に近い光では皮膚がんのリスクは低いということが分かりました。

 

しかし、これはホクロがない部位にいえることであり、濃い大きめのホクロに脱毛器をあてるとホクロが皮膚がんに進行してしまう可能性があります。
可能性は低いようですが、危険性はあると覚えておいてください。

 

実際にホクロに使用したらどうなる?口コミ

 

ここからは、実際にホクロがある部位に家庭用脱毛器を使用してみた人からの口コミを紹介したいと思います。

 

「良い口コミ」

 

・始めは弱いレベルで使用したので、特に痛みを感じなかった
・光脱毛器をホクロにあてたら徐々に薄くなってきた
・小さくて色が薄いホクロにはそのまま照射してしまいましたが、火傷や痒みなどの症状はなかった

 

「悪い口コミ」

 

・ホクロが以前より濃くなって形が歪んだように見える
・照射中は周辺の肌が焦げるのではないかと思うくらい熱かった
・大き目の色の濃いホクロとその周辺は、少しの照射でも強い痛みがあった

 

ホクロがある部位に家庭用脱毛器をあてた人からの口コミは、案の定悪い内容のほうが多かったです!

 

ここでは参考として良い内容の口コミも紹介しましたが、やはりほとんどの人がホクロには何らかの対処をしてから脱毛器を使用しているようです。

 

ホクロがある部分への脱毛器の使用方法

 

ホクロがある部位に脱毛器を使用したい場合、どのように対処すればいいのか知りたい人は多いはずです。
考えられるおすすめの対処法は2つあります♪

 

保護シールを使う

 

一番おすすめの対処方法はホクロの保護シールを使用することです。
100均にも売っているような丸い小さいシールがおすすめで、色はできるだけ薄いものを選んでください(白がおすすめ)。

 

使い方は、脱毛器をあてる部位にある大きめの濃いホクロを隠すように保護シールを貼るだけです♪

 

これで光による火傷や皮膚がんのリスクを下げることができます。
ただ、シールの使い回しは粘着力が衰えますし不潔ですから、その都度新しいものを使用しましょう。

 

コンシーラーなどでホクロを隠す

 

コンシーラーは肌のシミなどを隠すためのアイテムですが、脱毛器を使う際にホクロをカバーするためにも役立ちます。

 

いつも化粧をする時に使っているものがあれば、わざわざ脱毛用に購入する必要もないためとても経済的!
使い方は、ホクロを隠すようにコンシーラーを塗るだけです。

 

ホクロが多いところはどうする?

 

ホクロが隠しきれないくらいある部位を脱毛したい場合は、まずは一番低いレベルから照射するようにしてください。

 

そして、徐々にレベルを上げていって肌に違和感・痛みを感じないレベルで脱毛するようにしましょう。

 

万が一違和感・痛みを感じてしまった場合は、レベルを下げるか使用を中止してください。
そして、脱毛器使用後は必ず保冷剤などで肌を十分に冷やすようにしてください。

 

ホクロを避けて照射する(照射面の小さい脱毛器を選ぶ)

 

ホクロが多い部位を脱毛したい場合の対処法はもう一つあります。
それは、できるだけ照射面積が狭い脱毛器を選んでホクロを避けて使用すること。

 

ただ、このやり方は脱毛できる部分とできない部分がまばらになってしまうので、あまりおすすめはできません。

 

照射面積が狭いということで脱毛にも時間がかかりますので、ホクロを避けて照射するのはデメリットが多いといえるでしょう。

 

ホクロから毛が生えている場合

 

たまにホクロから毛が生えているのを見かけたりしませんか?
この場合はどのように対処したらいいのかというと、ホクロには光脱毛器をあてることができないため、脱毛器以外の脱毛方法で脱毛するようにしてください。

 

例えば、ちょっと痛いですが毛抜きで抜く・カミソリで優しく剃るなどをおすすめします。

 

あらかじめホクロの毛を抜いてから保護シールをなどで保護して別の部位を照射するようにすれば、後は冷やして保湿するだけなのでホクロの毛の処理は先にやってしまいましょう。

 

美顔器の場合

 

美顔器も光脱毛器と同様に光を照射するものですから、顔に大きめの濃いホクロがある場合は保護シールなどを使用するようにしてください。

 

ホクロが光を吸収して火傷してしまう恐れがあるのは身体だけではなく、顔も同じです。
常に表に出ている顔こそ、特に火傷に注意する必要があるといえます。

 

ホクロにあててしまった場合の対処法

 

万が一ホクロに脱毛器をあててしまった場合は、すぐに保冷材やアイスノンなどで冷やすようにしてください。

 

ホクロがない部分でも脱毛器を照射した後はしっかり熱を取ることが重要ですが、ホクロがある部分はホクロが熱を吸収している恐れがあるため、特に念入りに冷やすようにしてください。

 

また、冷やすことで脱毛中の痛みも和らげることができるため、脱毛器を使用する時は保冷剤が必要不可欠ともいえます。

 

脱毛器についてもっと詳しく知りたい方はコチラ
⇒みんなの脱毛器トップページ

 

おすすめの脱毛器を本気で比較!ガチレポ記事
⇒【ガチレポ】本格的な人気の家庭用脱毛器のおすすめとその効果